お片付け

みなさん、おはようございます。
昨日、一昨日と盛岡にある「オリーブ館」の片付けに行って来ました。震災後に使い始め8年くらいになっていますので、歴史だけでなく、いろいろなモノがたい積しています。代々のスタッフたちが置いていったもの、忘れていったもの。今では使う機会がなくなった様々な備品類。出所の良く分からない雑多なモノたち…。あるものは新婚家庭の家に行き、あるものは次の場所で使うために引き渡され、あるものは「売ります・あげます」のサイトを通して誰かの手に渡り、あるものは役目を終えたり、そもそもここにあるべきではなかったものとして処分されまた。
何もないまっさらな部屋より、それまでの歩みを思い出させる雑多なものたちがあるほうが親しみや愛着があるように、私たちの心と人生にも、いろいろな思い出や経験が整理されないまま残っているほうが人間らしいかも知れません。それでも、早めに捨ててしまったほうが良いものもあります。いつまでも残して置くことで心や生活をむしばむものもありますし、何より良きものを入れるスペースがふさがれてしまいますから。

“ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを素直に受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。” ヤコブ 1:21

今日は*****さんの誕生日です。祝福をお祈りします。また今日の礼拝には永井創世主事がおいでくださいます。

佐々木真輝