ここでとどまれ

みなさん、おはようございます。
昨日は教会の台所で立派なスズメバチを発見しました。すぐに退治したのですが、先日のGといい、「害虫」には困ります。スズメバチの巣が会堂のどこかにないかと探しましたが見つけられず、どこから飛んで来たものだろうとは思いますが、どうぞお気を付けください。
私たち人間からすればスズメバチもGも危険だったり不潔な害虫ということになりますが、神様の造られた生態系の中ではちゃんと役割があるものです。何もあんなに危険な毒針や気持ち悪い姿をしてなくてもって思いますが、それもまた彼らが生き残るために与えられたものです。そして、スズメバチの毒針から原子力のパワーまで、人間が安易に近づいてはいけないものがあり、支配できるなどとはゆめゆめ思うべきではないものがあるのです。それらすべてが私たち人間のために備えられたものだとしても、簡単に扱えないものがある、という謙虚さを持つことが大事です。私たちは神ではなく、人に過ぎないのですから。

“わたしは、これを区切って境を定め、
かんぬきと戸を設けて、
言った。「ここまでは来てもよい。
しかし、これ以上はいけない。
おまえの高ぶる波はここでとどまれ。」と。” ヨブ 38:10-11

佐々木真輝