さらに予想外

みなさん、おはようございます。
昨日、シンガポールからのチームを迎え、楽しい時を過ごさせていただきました。途中からトーンチャイムの練習のために来られたMさんを迎えた頃から、婦人会の皆さんがトーンチャイムをしていることや施設訪問をした話題になり、その流れの中で、来週の宮古での活動にご一緒しましょう、という話に発展しました。もちろん都合で行けない方もおりましたが、「いつか行って見たいと願っていた」という方もおり、行ける人たちだけでも、ということで話がまとまりました。思いがけないことから、さらに予想外の扉が開かれた感じでした。
神様は私たちに新しいことを見させ、経験させ、教えるために時々扉を開いてくださいます。その先に進むことには勇気がいることは確かですが、先に進めば素晴らしいことが待っています。もし、恐れてとどまれば、可能性はただの可能性で終わります。失敗してもそれは先に足を進めたからで、決して無駄になることはありませんね。

“ところが、夜、主の使いが牢の戸を開け、彼らを連れ出し、「行って宮の中に立ち、人々にこのいのちのことばをすべて語りなさい」と言った。” 使徒 5:19-20

佐々木真輝