とうとう岩手にも

みなさん、おはようございます。
昨日、とうとう岩手県でも新型コロナの感染者が出てしまいましたね。動画サイトで知事と盛岡市長の記者会見を1時間近く見てしまいました。今のところ、危機的な状況が近づいているという印象ではないですが、人の往来が増えれば可能性は高まり、いつでも、どこでも、誰でも感染する可能性はあるということが改めて確認されたということなのでしょう。ますます基礎疾患のある方や高齢の方にいかに広めないかとか、医療や介護の崩壊を招かないように気をつけたいです。やることは基本的に変わらないです。
ところで、日本で最初の感染者が出た1月から岩手では半年間ゼロが続き、少しずつプレッシャーも感じたりしながら、「第1号にはなりたくない」というの声が多かったとも聞きます。昨日のニュースを聞いて、心のどこかで「自分のところじゃなかった」という奇妙な安堵感に若干後ろめたさを感じたりもしています(つくづく、我ながら自分勝手だなあと思います)。このことで逆に気が緩み、緊張の糸が切れて、こうなったらもうしょうがないとあきらめてしまわず、やたらに怖がったりもせず、隣人や家族のためにやるべきこと、基本的なことをたんたんと続けて行きたいと思います。

“…キリストにある忠実な兄弟たちへ。私たちの父なる神から、恵みと平安があなたがたにありますように。” コロサイ 1:2

今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝