コミック本

みなさん、おはようございます。
先日、ウン十年ぶり?くらいにコミック本を買ってしまいました。
『コミックいわて』という、岩手ゆかりの漫画家の方々の、岩手にちなんだ作品(といっても漫画)だというので、ついつい手が伸びてしまいました。
地元を元気にしたい、という気持ちや、故郷への愛情が感じられるものがいくつかあり、なかなか面白かったです。
中でも中年のお父さんが「さんさ踊り」にはまっていくストーリーのものが気に入りました。
何かしら「物足りなさ」を感じて、夢中になれるものを捜す同世代の気持ちがよく分かりました。
こういうところに「地元に残っている人々」への宣教のヒントがあるのかもしれない、などと思ったりもしました。
「あなたの家、あなたの家族のところに帰り、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを、知らせなさい。」マルコ5:19
今日は午前中は婦人会、午後は祈祷会です。
そしてひな祭りの今日は****姉と****姉の誕生日です。祝福を祈りましょう。