一緒に

みなさん、おはようございます。
先日の日曜午後は久しぶりに教会として、礼拝以外の活動がありました。墓園の草刈でしたし、行けた方は限られてもいましたが、それでも「一緒になにかする」というのは本当にいいものです。
人が一緒に歩むこと、一緒に何かをすることは、神のかたちに造られた人間の本質的な欲求であり、喜びです。今は一時的に、「一緒に」ということが遠慮がちになったり、自粛が求められることがあるとしても、必ず乗り越えて、再び共にできるようになると信じます。

“それは、福音により、キリスト・イエスにあって、異邦人も共同の相続人になり、ともに同じからだに連なって、ともに約束にあずかる者になるということです。”

今日は午後から全キ災のオンライン会議で司会をすることになっています。全国の教会関係の災害支援ネットワークが大規模災害に備えて協力関係を築くための会合です。どうぞお祈りください。

佐々木真輝