何かがおかしいのだけど

みなさん、おはようございます。
昨日、Sさんが水道の凍結防止帯取り付けの工事(の続き)をしていたのですが、スライド梯子がなぜか伸びない、ということで苦労しているようでした。聞けば、日曜日の大掃除の時からすでにそうだったということです。小雨の降る中、作業もはかどらないようで、何とかならないかと、まずは梯子を観察。ロープのかかり具合が元とは違うなあという感じはするものの、元がどうだったか良く思い出せません。でも、スライドさせようとするときに引っかかる金具があるのを見つけたので、とりあず手を添えてやれば伸ばすことができました。作業には使えたのですが、原因がわからないまま、今日の所はそのまましまいました。
ときどき、私たちの生活の中では、根本的な解決ができないまま、とりあえずその日その日をしのいでいかなければならない状況があります。結構ストレスの高い状況です。そんなとき、何をどう祈ったら良いのか分からなかったりもするのですが、私たちのためにとりなしてくださる方がおられることを忘れてはいけません。

“同じように御霊も、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです。” ローマ 8:26

佐々木真輝