共同体

みなさん、おはようございます。
被災地で避難生活をしている人たちのために集団移転や仮設住宅が準備されているようです。
コミュニティ(共同体)を維持できるようにとの考えで始まった事業も現実には着工のスピードが必要に追いつかず、本当にそうできるのか気がかりです。
私たちにとって、お互いを知り合っている家族、地域、教会といった共同体はとても大切な関わりです。
普段は煩わしく思えたり、気に入らないこともあったりするのですが、実際はそのような共同体なしに生きて行くことは本当に困難です。
人は互いに愛し合い、助け合う中で生きるように造られた者なのですから。
今日も主にあって教会という一つの共同体に加えられた者であることを、礼拝を通して覚えましょう。
「その所であなたがたは家族の者とともに、あなたがたの神、主の前で祝宴を張り、あなたの神、主が祝福してくださったあなたがたのすべての手のわざを喜び楽しみなさい。」申命記12:7
今日は誕生会をします。そして午後は大船渡へ運ぶ救援物資の仕分けもします。