出口が見えにくくても

みなさん、おはようございます。
この新型コロナの問題は「出口が見えない」ことだとも言われます。不安にさせる言葉ですが、でも、個人の問題として考えたら、それぞれが、これまでの人生の中では、結構多くの「出口の見えない」悩みを経験し、神様の恵みによって乗り越えたり、立ち向かったり、何とかしのいだりして来られたんじゃないでしょうか。社会や経済の問題としてはかなり難しく、確かに出口が見えないがゆえの不安は大きいのですが、私たちが自分の責任範囲として負わなければならない部分ではどうでしょう。これまで経験して来た試練と単純に比べることは出来ないし、経済的な不安やストレスの大きさなどを軽く見る事は出来ませんが、それでもきっと乗り切れると信じています。
私たちにはウイルスのことも、複雑な経済や政治の作法のことはよく分かりませんが、ただこれだけは知っています。神様は真実な方で、試練とともに脱出の道も備えてくださっているということです。

“あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。” コリント第一 10:13

佐々木真輝