君の名は

みなさん、おはようございます。
今週は、何人かの方が中部病院を訪ねて「**コさんという人はいません」と言われたようです。そうそれはいわば「通り名」であって、正しくは「**さん」なんです。杓子定規な対応に困惑したかも知れませんが、名前を正しく呼ぶことが、間違いなく対応するための基本なんです。
その点、神様は私たちの名前をひとりひとり、間違いなくちゃんと呼んでくださいます。読みにくい感じや、誰も読めない当て字でも大丈夫です。

「門番は彼のために開き、羊はその声を聞き分けます。彼は自分の羊をその名で呼んで連れ出します。」ヨハネ10:3

家内は4巡目の抗がん剤治療を終え、今日退院します。夕べは病院の都合で個室に泊まりました(静かで快適だったようです)。菊**さんは今なお味覚障害が続いています。

佐々木真輝