慰めと救いのため

みなさん、おはようございます。
地震から10目になります。ライフラインが復旧した今、みんなが困っているのはきっとガソリンや灯油でしょう。
ある方は今日の礼拝に向かうためにガソリンを節約してなるべく車を使わないようにしたと聞きます。
もちろん、仕事のためにそうも言ってられなかったという方もあったでしょう。
車の燃料も大事ですが、私たちの魂の燃料も必要です。賛美と祈りの中におられる主から力を頂きましょう。

今日は通常どおり教会学校があります。昼食もあります。
予定していた礼拝奉仕者訓練会は延期して、礼拝の後で当面の教会活動や様々な援助要請への対応を皆さんとともに相談したいと思います。

今週、大船渡教会の今後の支援の見通しを立てるための視察&救援物資搬送に向かう予定です。
もし皆さんのおうちで非常時のために保存しておきながら残っているものでも構いませんので、ペットボトルの水、缶詰、衣料品、生理用品、風邪薬、胃腸薬、子供用品など提供できるものがありましたら、今日お持ちください。

「もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。」Ⅱコリント1:6