捕らわれ人には解放を

みなさん、おはようございます。
例の新型コロナウイルスの拡大を防ぐために、大きなクルーズ船に隔離され、帰国はおろか、陸に上がることもできず、船内の行動にも相当の制限があって、かなり大変そうな様子を聞いて、本当に気の毒だなあと同情を禁じ得ません。感染拡大を防ぐために他の手立てがあるのか、私には分かりませんが、自分で望んだわけでもなく、過失の報いというわけでもないのに、閉じ込められてしまうというのは何とも辛いことです。
私はそういう形で隔離されたり、行動が制限された経験はありません。あるとすれば、問題や関係の板挟みになって身動きが取れないとか、どうして良いかわからず立ち往生しているという程度。閉じ込められたというようなこととは違うけれど、そういうのもなかなかきつかったなあと思います。ここ数日も、忙しさということとは違いますが、追い込まれた感覚がありました(そんなこともあって朝メールもさぼってました)。何かに縛られたり、押し込められたり、窮屈な思い、閉ざされた思い、状況の中にある方々が解放され、心と体に自由を取り戻せますように。

“神である主の霊がわたしの上にある。
貧しい人に良い知らせを伝えるため、
心の傷ついた者を癒やすため、
主はわたしに油を注ぎ、
わたしを遣わされた。
捕らわれ人には解放を、
囚人には釈放を告げ、
主の恵みの年、
われらの神の復讐の日を告げ、
すべての嘆き悲しむ者を慰めるために。” イザヤ 61:1-2

今日は牧師会があります。

佐々木真輝