日の光のもとで

みなさん、おはようございます。
昨日、教会の庭にクロッカスが一株だけ咲いていました(フクジュソウは花盛りです)。うちの庭のはまだなのですが、その土地の条件、日当たりの良さなど、いろいろな条件で同じ花でも咲くタイミングがだいぶ違いますね。道を挟んだ向かいの旅館のクロッカスは大分前に咲いていました。
これから、教会に共に集まることがだんだん難しくなってくるかも知れません(実際、教会に限らず、すでにそうなって来ています)。私たちの信仰にとって、共に集い、神様に祈りと賛美を献げ、聖書のことばを聞くことは力の源ですが、そういう機会が自由に持てなくなるかもしれないと考えると、いかに私たちは自分自身の生活の中で、日の光の下に出るように、神様の前に出ることを身につけられるかが大切になってくるように思います。

“祈りを聞かれる方よ
みもとにすべての肉なる者が参ります。” 詩篇 65:2

明日の礼拝は試験的にネットでの中継をします。詳しくは連絡網のメールでお送りしますので、どうぞご覧になってください。

佐々木真輝