早めに注ぎ出す

みなさん、おはようございます。
昨日は健康診断に行って来ました(まだの方は是非、っていう案内もいただいたので)。血圧は普段の投薬が効いていて正常値でしたし、体重や腹囲も思ったほど増えていなくてちょっとホッとしました(とはいっても相変わらずはけないズボンが…)。胸のレントゲンを撮ってすべて終了ということで、帰ろうとしたときの事です。レントゲン技師の方が追いかけて来て「バリウム飲んだのいつですか?」と聞いてきます。「先週の金曜日です」と応えると「まだ少し残っているみたいだから」とのこと。胸のレントゲンでもそこまで写るんだと感心しつつ、教えてもらって感謝でした。放ってほけば固まってしまいますからね。
早めに出さないと固まってしまうのはバリウムだけでなく、感情の固まりもです。悲しみ、怒り、不満、いらだち、不安…。周りへの影響や自分自身を保てなくなることを恐れて、心の中に押し込んでしまいがちな感情ですが、早いうちに出したほうがいいです。「私はこのことで怒ってる」とか「このことが悲しい」と言葉にして出す(祈る)のが良いですね。早めにやらないと、あとあと大変です。

“民よ どんなときにも神に信頼せよ。
あなたがたの心を 神の御前に注ぎ出せ。
神はわれらの避け所である。” 詩篇 62:8

佐々木真輝