朝メールについて

みなさん、おはようございます。
こうして毎日、朝からメールを読んで下さってありがとうございます。
このようなメールを送ろうというアイディアはケン・ブランチャードという人の書いた『ザ・ビジョン』という本からもらいました。
父親の起こした保険会社の2代目社長が、会社のビジョンを練り上げていく過程を描いたビジネス書で、この前の休暇中に真っ先に読んだ本です。
その中で主人公が社員がたとえ組織が大きくなっても家族的な雰囲気を保ちたいということから始めたのが、毎朝(出張中でも)社長から社員にメールを送るというものでした。
本当にそんなことできるんだろうか?と思いながら読みましたが、次第に、何か教会にとって意味のあることが出来るかもしれないと思い始めたのです。
毎日、どなたかが返信を送ってくださって、感じたことを伝えてくれたり、励ましてくれたりしますので、少しは意味のあることが起こっているかなと感じています。
「キリスト・イエスにある聖徒のひとりひとりに、よろしく伝えてください。私といっしょにいる兄弟たちが、あなたがたによろしくと言っています。」ピリピ4:21