正解が分からなくても

みなさん、おはようございます。
先日、とあるオンライン会議のあとで、参加していた某宣教師から電話がありました。話し会いの後半の音が聞き取れず、内容を確認するための電話だったのですが、その後の雑談の中で、冬の間、教会の換気はどうしたら良いと思うか?という質問が飛んできました。そういう正解の分からない質問されても困るのになあと思いつつ、いろいろお話しました。たぶん、何も解決はなかったと思いますが。
私たちの人生には、正解は分からないけれど、今考えられるところで「これでいいかな」と思えるところを選ぶのが精一杯ということは良くあります。しかも、実は失敗だったり、あまり良い選択ではなかったということが後で分かったりすることも少なくないですね。それでも私たちがまあまあ平気で(平安で)暮らしていけるのは、私たちの失敗も含めて、神様がすべてを益に変えてくださる方だという信頼があるからです。

“神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。” ローマ 8:28

今日は第二週ですので、夕方から夕拝があります。

佐々木真輝