毎日すべきこと

みなさん、おはようございます。
今日は最近感銘を受けたお話を紹介したいと思います。
米国大学バスケットのコーチ、ジミー・バルバーノさんが1993年に、その功績を認められてある賞を受賞したときのスピーチの一文です。
「我々は、毎日、3つのことをすべきだと思います。生きているかぎり、毎日、すべきことです。まず第一が笑うこと。毎日、必ず笑うべきです。第二が考えること。じっと考える時間が必要です。そして第三が涙を流すほどに強い心の動きを覚えること。幸せや喜びの涙だってありますからね。」
このスピーチをしたとき、彼は末期がんと戦っていたそうです。本当にそうありたいと強く思いました。
「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」第一テサロニケ5:16-18
今日は婦人会、祈祷会の他、数週間ぶりに*****さんの学びの時があります。お祈りください。