求めるものはすぐそこに

みなさん、おはようございます。
一昨日の夜になって、大事な預かり物をなくしてしまったことに気づき、すごく焦りました。思いつく限りの場所を探しても見当たらず、祈って、落ち着いてできるだけ記憶をたどり、何かヒントがないかと考えました。でも、どうしても思い出せず、見つかりもせず、朝また探してみよう、何なら警察に届けられていないか聞いてみようと思って休みました。翌朝、何気なくバッグの底に手を伸ばしたら、なんとそこに探しものがあったのです。何度もそこは確認したはずなのに、どういうわけか見つけられず、見当違いなところを探していました。まるで湧いて出て来たような感覚がしましたが、もちろん、そこにあったはずです(バッグの底の方にすこし隙間のようになっている所があり、そこにうまく入り込んでいたようです。拍子抜けするほどでしたが、ほっとしました。
私たちの求めている救いも、助けも、導きも、遠くにあるのではなく、すぐ近くにあります。時々それ見失って、見当違いな場所を探してしまうのが私たちです。おちついて、すぐそばにおられる神様に求めましょう。

“まことに、私たちの神、主は私たちが呼び求めるとき、いつも近くにおられる。このような神を持つ偉大な国民がどこにあるだろうか。” 申命記 4:7

昨日は***さんの誕生日でした。遅ればせながら祝福をお祈りします。

佐々木真輝