無駄なことはなにもない

みなさん、おはようございます。
英語教室を始めて3ヶ月目に入りました。これを教会の宣教の働きとして理解し、お祈りくださってありがとうございます。
子供たちの学習能力の高さにはいつも驚かされています。おしゃべりの声もだんだん元気になってきました。
もちろん、この働きが伝道に結びつくためには、なおも忍耐と祈りが必要です。
それでも教会に元気に出入りしたり、電話をくださったり、クリスマスの集会に興味を持って下さりと、少しずつ敷居が低くなっているのは確かです。
ラジオ「世の光」放送だって、実際にどなたかが教会に足を運ぶまでには時間がかかるかも知れませんが、福音はちゃんと届いています。
私たちのすることに無駄なことはきっと何一つないんです。
今日は主の日です。礼拝でお会いできることを楽しみにしています。おいでになれない方、病や困難の中にある方にも主の恵みと励ましがありますように。
「あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。」伝道者の書11:1