置かれた場所から見える景色

みなさん、おはようございます。
先日、夕方に郵便受けをチェックしにいこうと牧師室を出ると、窓の外がオレンジ色に輝いているのが見えました。日が沈んだ直後の素晴らしい夕焼けが広がっていました。思わず教会の塔から屋根の上に出て写真を撮り、SNSでシェアしました。そうしたら、他県におられる先生が「うちでは西の方角に高い山があるのでそういう夕焼けが見られない」といコメントをつけてくれたのです。なるほどと思いながら、そこではどういう景色が拡がっているのかなと興味が湧きました。
確かにそれぞれの土地土地に見える景色の違いがあります。岩手の内陸では水平線から昇る太陽も、沈む夕陽も見られません。ないものを望めばつまらないですが、自分の場所から見える素晴らしい景色というものが必ずあります。ないものを嘆いたり羨むのではなく、神様が置いてくださったところで見られる景色を楽しみたいと思います。風景に限らずに。

“乏しいからこう言うのではありません。私は、どんな境遇にあっても満足することを学びました。” ピリピ 4:11

今日は*****さんの誕生日です。祝福をお祈りします。

佐々木真輝