美しい捧げ物

みなさん、おはようございます。
毎週講壇の隣に飾られている花は三人の姉妹たちが交代で生けてくださっています。
土曜日の夜か、日曜の朝に一足早く来て花を生けている様子を、邪魔にならないように、嬉しい気持ちで時々チラ見させてもらってます。
一般的には講壇脇のお花は引き立て役だと思いますが、礼拝の主役は説教者ではなく、神様です。
だからお花も賛美や祈り、献金と同じように神様への捧げ物なんです。
神様が造られた様々な色や形の花や葉が人の手で整えられたときに生まれる美しさは捧げ物として相応しいものです。
教会に来たら、ぜひお花もご覧になってください。
「荒野と砂漠は楽しみ、荒地は喜び、サフランのように花を咲かせる。」イザヤ35:1
明日から一週間、朝メールはお休みさせていただきます。
ですので、忘れないよう今のうちにお知らせします。14日は****君の誕生日です!