耳を傾けに

みなさん、おはようございます。
今日は山田町に向かうことになりました。
山田町内の避難所で生活している高齢者の方々を金ヶ崎の温泉にお連れし、一晩ゆっくり休んでもらおうというプロジェクトのためです。
友人の車に同乗してマイクロバスとともに向かい、夜は皆さんのお辛い体験に耳を傾けるいわゆる傾聴の働きをすることになりました。
向こうではお坊さんがそういう役割を担ってとても助かったということで、私にもそういう役回りを期待しているとのことです。
宿泊は予定外でしたし、明日の英語教室に間に合うように帰ってこなければならないのですが、大切な機会を与えられたと思っています。
ぜひお祈りください。そして、この交流の中で今後の支援の道筋が見えるように祈ってください。
「私は御前に自分の嘆きを注ぎ出し、私の苦しみを御前に言い表わします。」詩篇142:2