追う価値のあるもの

みなさん、おはようございます。
柔道家の谷亮子さんが現役引退をされたそうです。
20年近い競技生活の中で、金メダルだけでもオリンピックで2回、世界選手権では7回。各種大会でも何連覇もするなど、すごいのひとことです。
これだけの成績をあげたのは、運でも天才だからでもなく、努力を怠らず、目標に集中し続けたからなんでしょう。
多くのスポーツ選手にとってメダルは目標であり、努力を払って目指す価値のあるものです。
そこに向かっていくひたむきな姿には感動を覚えますし、学ぶべきことも多いですね。
教会で取り組んでいる英語教室もそうですが、これからはじまるクリスマスへの取り組み、あるいは個人的な生活についても、目標を見失わず、追う価値のあるものを追いかけていきたいものです。
「ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしてはいません。」2コリント9:26
今日は英語教室があります。お祈り下さい。