通行止め

みなさん、おはようございます。
昨日は、前日から続いた激しい雨のため、土砂災害警報が出され、一部の地域では避難勧告もありましたね。該当する地域の教会員の方々や友人たちのことが気がかりでしたが、大事に至らずほっとしました。でも、市内では2箇所で土砂崩れによる通行止めがあったそうです。通行止めになると、いつもの慣れた道を通れず遠回りしなければならなかったり、時には集落や家が孤立してしまうことがあります。道がつながっているというのはとても大事なこと、そしてとても有り難いことですね。
天地を造られ、聖い存在である神様と、ちっぽけで罪ある私たちがイエス様という一本の道でつながれているというのはものすごく有り難いことです。その道を通して私たちはいのちの力、赦し、慰め、励まし、導きをいただきます。しかも、工事や事故で通行止めになることも、何かの力で崩落してしまうこともないのですから。

“イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。” ヨハネ 14:6

今日は****さんの誕生日です。祝福をお祈りいたします。 


佐々木真輝