雨の中立ち止まって

みなさん、おはようございます。
しばらく前から我が家の「ムラサキシキブ」が綺麗な紫色の実をつけていたのですが、庭の除草をするときに近くを通った以外はちらっと見るだけでした。昨日、午前中から昼にかけて行われた市内牧師会のあと、遅い昼食のまえに雨の中でしたが、近くまで行ってじっくりながめ、雨にぬれた美しい色合いや、水滴の小さな輝き、その水滴の中にうつり込んだ小さな世界に心打たれました。
雨の中、立ち止まったときにどんよりした雨雲を見上げてため息をつくこともできますが、美しいものに目を向けて感動することもできます。人生の中で立ち止まったとき、何を見るかはとても大事な選択かもしれません。

“私は山に向かって目を上げる。
私の助けは どこから来るのか。
私の助けは主から来る。
天地を造られたお方から。” 詩篇 121:1-2

佐々木真輝