そろそろ vs まだまだ

みなさん、おはようございます。
某野球チームのベテラン選手が退団することになったそうです。若手育成を目指してコーチ就任を求める球団側とあくまで現役続行を願う選手。コーチなんていい話しだと思いますが、まだやれると考える本人からすれば屈辱なんでしょう。
「もうそろそろ」と「まだまだ」。いつの時代もなかなか埋まらない溝。どっを選択しても、痛みや悲哀と希望とを丸呑みにしながら前に進んでいくことで次の世代へと伝わるものが必ずあるはずです。

「年老いて、しらがになっていても、神よ、私を捨てないでください。私はなおも、あなたの力を次の世代に、あなたの大能のわざを、後に来るすべての者に告げ知らせます。」詩篇71:18

今日は岩手同労者会。水沢で牧師会です。

佐々木真輝

1件のコメント

現在コメントは受け付けていません。