懐の深さ

みなさん、おはようございます。
異なる意見、異なる見方、異なる価値観。他人のことなら「そういうのもアリだろう」と余裕で受け止められます。でも関係が近ければ近いほど、そう簡単には受け止められません。上司や先輩であるとか、夫であるとか、父親であるとか、あるいは男だからとか、そういう立場やプライドの故に自分の方がより良い、正しいと思いたくなるんです。いや、ほんとに懐の深い人間でありたいです。

「愚か者の口には誇りの若枝がある。知恵のある者のくちびるは身を守る。」箴言14:3

佐々木真輝