得意な人も不得意な人も

みなさん、おはようございます。
今日は子供キャンプで工作の指導をする予定です。
人には得意不得意があって、工作の時間になると元気になる子もいれば、体育の時間の方が元気という子もいました。もちろん、工作や運動は苦手でも勉強は得意という人もいます。いつもは勉強得意で自慢げにしている人が、こそこそ隠れるようにへたくそな絵を描いていたりするとちょっぴり嬉しくなったり。
そういう個性の違いは優劣を競うためではなく、持ち寄って一緒に何かを成し遂げるために神様から与えられたものです。でも、そのことに本当に気づくためには、得意なことと不得意なことに気づき、がっかりしたり、恥ずかしい思いをしたり、といった経験をすることも実は大事だったりします。

「しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。」コリント第一12:18

今日は藤***さんの誕生日です!祝福を祈りましょう。それから川崎淳先生家族がペルーに戻ります。

佐々木真輝