恐れを締め出すもの

みなさん、おはようございます。
陸前高田の松の木を京都の祭りで送り火として燃やすという復興を応援する企画がありました。ところが放射線の汚染を恐れた一部の方々からの批判で中止となりました。しかし逆に放射線が検出されていないにも拘わらず中止したことへの批判が高まり、一転して受け入れが決まったのだそうです。
恐れというのは、人の判断力を狂わせ、他者の気持ちを思いやる余裕を失わせ、寛容な態度を忘れさせてしまいます。
しかも恐れに捕らわれると、正しい情報があっても簡単には受け入れられません。そんなはずはないと否定してしまうのです。人を恐れから解放するのは正しい知識そのものではなく、愛する者の「大丈夫」という言葉や暖かい手なのではないでしょうか。

「愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。」ヨハネ第一4:18

家内は調子は良くありませんでしたが許可がでましたので、退院してきました。来週の再入院と治療に備えます。

佐々木真輝