自分なりの走り方

みなさん、おはようございます。
昨日の世界陸上の男子リレー、燃えました。バトンをつなぐリレー、タスキを繋ぐ駅伝、短距離と長距離の違いはありますが、ドラマがあり比喩に満ちていて好きです。
親から子へ、先輩から後輩へ、世代から世代へ。核になる価値観や信仰心を受け継ぎながらも、バトンを受け取った人たちは自分なりの走り方をしなければなりません。私たちが親や前の世代から受け継ぐものは良いものもあれば、古傷を一緒に受け取ることもあります。でも、どう走るかは、今バトンを持っている私たち自身の責任です。受け取ったバトンをしっかり握りながら自分なりの走り方をしていきましょう。

「そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。」テモテ二2:1

今日は菅***さんの誕生日です。神様の祝福と支えとがあるように祈りましょう。また岩手同労者会が北上を会場にもたれます。

佐々木真輝