暖かく迎えたい

みなさん、おはようございます。
 キリスト教の精神に根ざして生まれたAA(アルコール依存症の自助グループ)では、集会に遅れて来た人がいると、集会を中断してその人を迎えるのだそうです。遅れてやって来たということは、その人が依存に負けなかったしるしであると皆が知っているからです。
 その話を読みながら、礼拝に遅れてやって来た人をどんな顔で迎えているだろうかと考えさせられました。時間にルーズであっていいという訳ではないだろうけど、それでも遅れて来たことを責めるより、いろいろな事情がありながらもとにかく神と兄弟姉妹に会うことを求めて来た人を認め、笑顔で迎えたい・長らく教会から遠ざかっている人が再び教会の扉を叩いたら、同じ理由で拍手で迎えたい、そう思いました。

「こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。」ルカ15:20

今日は岩手同労者会があります。川崎淳宣教師夫妻がゲストとして再度、来北されます。

佐々木真輝