勢いも善し悪し

みなさん、おはようございます。
 昨日の夕方、我が家の小さな梅の木の下を覆い尽くす勢いだった、きれいな葉の植物(頂き物で名前が分かりません・・)を思い切って抜くことにしました。地面を覆うように繁殖して緑がきれいなのですが、勢いが強すぎて他の草花が負けてしまうのです。
 助けたい一心でいろいろ取り組んで来たことが、本当に相手の助けになっていたのか、心に届いていたのか、それともこちらの勢いが強すぎなかったかと、沿岸で暮らしている方々の感謝や笑顔の表情の奥にある弱さや悲しみを思い出しながら考えさせられました。ここぞと云う時の勢いも大事だけど、相手の状況への想像力がもっと必要だったかもしれません。

「正しい者の結ぶ実はいのちの木である。知恵のある者は人の心をとらえる。」箴言11:30

佐々木真輝