あんしん点検

みなさん、おはようございます。
車屋さんから「そろそろ”あんしん点検”の時期なのでご来店ください」と電話があったので、昨日診てもらいました。前回の点検以来かなり酷使してきましたが、幸い問題は見つからずオイル交換だけで済みました。
しかし時には部品が消耗していたり、故障が見つかったりすることがあります。ああやっぱりということもあれば、全然気づかないでいることもあります。反対に気になっていたことが説明されれば安心ということも。だからこそ定期的にプロに診てもらう必要があるわけです。一度事故となれば自分や同乗者、あるいは周りの車や人に危険を及ぼすわけですから。
これは私たち自身も同じですよね。肉体的に精神的にも霊的にも聖書のことば、教会での交わりの中で意識的に「点検」をした方が良いです。なにしろ私たちはそれぞれ自分の健康や幸福だけでなく、周りの人や社会に対しても責任を負っているのですから。

「神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。」詩篇139:23

佐々木真輝

2件のコメント

  1. お医者さんに「大丈夫」って言われると確かに安心しますね。血液検査の数値に右往左往するより、健全かも。

  2.  先日,健康診断で,おばあちゃん医師に,「ん~,立派です。大丈夫。」と太鼓判を押してもらいました。最近疲れやすいな~と思っていた矢先だったので妙に安心。(「結果」が出ていないのに!)
     先生のおっしゃる通り,健康も人間関係も神様との関係も,周りの環境と関わってこそ「鏡」のように映り込んでいる自分と対面できますね。
     感謝です。

現在コメントは受け付けていません。