白熱教室?

みなさん、おはようございます。
 「停電だけの被害だった人も罹災証明をもらって高速道路をタダで走ることは正義にかなっているか」なんて、サンデル教授の白熱教室のテーマのようです。
 停電ごときで「私も震災被害者です」と大きな顔をして言うことは正直難しいです。けれども、遠くにいる親戚を手伝いにいかなきゃいけないとか、支援のために高速道路をよく使うとか、震災後の影響で経済的に厳しくなったとか、いろんな理由で安くあがるほうが良いと思うのも当然のこと。
 それでも、津波の被害を受けたり、地震で家が壊れたりした人を目の前にして、停電や断水だけだった自分が「私も被害を受けました」と言えるかと問われれば、やっぱり無理ですね。

「欲の深い人は争いを引き起こす。しかし主に拠り頼む人は豊かになる。」箴言28:25

今日の午後、家内の手術が行われます。どうぞお祈りください。

佐々木真輝