急がば回れ

みなさん、おはようございます。
とある大臣は岩手・宮城の知事にひどい事を言った上に、マスコミに対しては「書いたらつぶすぞ」的な恫喝をしたと話題になっています。
そういうやり方って、たとえその時は思い通りになっても、もっと大切な(特に復旧・復興のためには必要な)信頼や長い協力を深めることには決してならないんですよね。
私たちは権力者ではないですから、そういう形での脅しを誰かにするというようなことはないかもしれません。でも、夫や妻、子ども、あるいは誰かに対して、仕返しや何かを取り上げることをちらつかせて、言うことを聞かせようとする時ってありますよね(部屋片付けないと全部捨てるぞ!なんて、何度言ったことか…)。脅しは手っ取り早そうですが、本当の解決に至ることはありません。急がば回れです。

「愛は寛容であり、愛は親切です。…礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず…」コリント第一13:4-5

今日は水沢で牧師会があります。PBAの鈴木さん、谷川さんが来られます。
家内はいよいよ今日から抗がん剤の治療が始まります。だんだん緊張してきたそうです。

佐々木真輝

2件のコメント

  1. ホントですね・・・。片付けないなら捨てるよ!・・・何度言っていることか(汗)確かに毎日言ってもなかなか効果がないのは、その場しのぎだからですね!うん、うん。

現在コメントは受け付けていません。