本物の香り

みなさん、おはようございます。
昨日の朝、教会の周りは金木犀の香りに包まれていました、っていうと言い過ぎかも知れませんが、ホントに良い香りでした。
北上あたりではあまり見かけない樹木なので、キンモクセイというとトイレの芳香剤っていうイメージが強かったのですが、本物の香りはぜんぜん違います。良い香りは人の心に喜びや慰めを与えます(体臭の話しじゃありませんよ)。

「私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神の前にかぐわしいキリストのかおりなのです。」コリント第二2:15

 今日も礼拝で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。
(昨日の**さんの誕生日というのは間違いでした。来月です。失礼しました!)

佐々木真輝

2件のコメント

現在コメントは受け付けていません。