届いてます

みなさん、おはようございます。
昨日は千葉から友人夫妻がお見舞いに訪ねて来てくれました。震災の支援活動で宮城県まで来ていたのでこっちまで足を延ばしてくれました。
お見舞いに定番のお花を持って来てくれたのですが、最近は病室へのお花の持ち込みはNGのところが増えているようです。そういえば、お花でいっぱいの病室、なんて光景はぜんぜん見かけませんね。
これまでも、せっかく持って来てくれたのに病室に置いておけなくて家に持ち帰ってます。それから幾らかでも食べられるようにと持って来て下さっても、なかなか手を付けられなかったものもありました。花は病室には残りませんし、家内が食べられなかったものは私のお腹の肥やしになってます。祈りや気遣って下さることばの一つ一つは形には残りません。でも、その気持ちはちゃんと届いていますし、イエス様も覚えていてくださいます。嬉しいです。

「わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。」マタイ25:36

家内は予定が変わって昨日一晩入院しました。今日の午前中には退院します。

佐々木真輝