暗くて寒いから

みなさん、おはようございます。
月のあかりがほとんど無かったので夕べは星がきれいに見えていて、天体観測の好きな同級生のことを思い出しました。月の明かりがない新月の頃の冬の晴れた空は空気も澄んで、普段よりも小さい星も見えるんだそうです。普段より暗いこと、寒いこと、だからこそ見えるものがあります。私たちの希望や真実は、そういう時こそ見えるものですね。

「また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、また、神の全能の力の働きによって私たち信じる者に働く神のすぐれた力がどのように偉大なものであるかを、あなたがたが知ることができますように。」エペソ1:19

今日はいつものように婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝