やめられる人

みなさん、おはようございます。
最近読んだ記事でなるほどと思ったものがありました。「やめるのが難しくてずるずると続けていると、「埋没費用」という、回収不可能な支出が増えていきます。」(Rusty Haskell)
「やめられない人」は、やめたいことに対してすでに時間とお金をかけてしまっているので、今さらやめるのはもったいないと思ってやめられず、さらに埋没費用を増加させると指摘しています。しかし「やめられる人」は早めに失敗を認められる人で、より良いアイディアを絞り込むことができ、悔しさや執着を早めに開放できるので精神的にも身体的にも健康を保てる、とのことです。なるほど。でも何をもって失敗とするか、しっかりとした考え方を持っていないと、やめちゃいけない所でやめてしまいそうでもあります。

「捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。」伝道者の書3:6

震災支援のために千葉県の教会から岩手に派遣されている永田道生さんが高熱で入院中です。原因が良く分からず様々な検査がなされています。お祈りください。

佐々木真輝