苺の季節

みなさん、おはようございます。
ラジオで、宮城県の亘理ではもうすぐイチゴのシーズンなのだけれど、今年は震災の影響でいつもの半分くらいしか出荷されていないと話題になっていました。それだけなら、震災の影響についてのもう一つのニュースに過ぎないのですが、その半減には震災で亡くなった家内の親戚の分も入っているのだと考えると涙が出て来ました。悲しみや打ちのめされた心はそう簡単には癒されないのでしょう。その近くに教会をつくろうという新たな取り組みが始まりそうだという話しも聞きました。慰めといやしとが与えられるようにと祈らずにはいられません。

「主は心の打ち砕かれた者をいやし彼らの傷を包む。」詩篇147:3

今日は家内が再度入院し、5巡目の抗がん剤治療に入ります。

佐々木真輝