沢山の人の手

みなさん、おはようございます。
昨日、ウィッグを受け取りに行きました。といっても私ではなく、家内のための医療用ウィッグです。これは看護学生たちが髪の毛を寄付し、メーカーがボランティアで制作を請け負って、がん患者さんに無償で贈呈されるプロジェクトによるものです。一人分のウィッグを作るのに7〜8人分の人毛が必要で、彼女たちは半年かけて丁寧に手入れをしながら髪を伸ばしてくれたそうです。他にも髪のカットに美容学校の学生さんが加わったり、ヘアケアに企業が協力したりと、心温まる事柄というのは、沢山の人の手が関わっているものですね。

「善意の人は祝福を受ける。自分のパンを寄るベのない者に与えるから。」箴言22:9

今日は婦人会と祈祷会があります(家内の入院と重なったので婦人会は不在となります)。

佐々木真輝