心をひとつに

みなさん、おはようございます。
昨日は礼拝前、そして礼拝後、午後と、どこかで誰かがクリスマスに向けての準備をしたり、話し合いをしたり、作業をしたりと生き生きした光景をとても嬉しく感じていました。忙しい毎日を過ごしたあとの貴重な休日なのに、救い主の降誕をお祝いし、その愛と恵みをお伝えするために力を合わせることができるのは素晴らしいことです。全員が、というわけにはいかず、奉仕や話し合いに加われない方もおられます。そのことで心を痛めるより、次の機会に出来ることを心を込めてやりましょう。補いあうためにこそ私たちはお互いに存在しています。また、細かなことで意思の疎通がうまく行かなかったり、忘れていることがあったり、実際やってみたら手直しした方が良いことがあったりもします。目的を見失わず、心は一つでいましょう。

「それは、あなたがたが、心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神をほめたたえるためです。」ローマ15:6

佐々木真輝