高い地位にある人たち

みなさん、おはようございます。
こうもだらしない政治の姿を日常的に見ていると、人の気持ちは大言壮語と分かっても「何かやってくれそうな人」に賭けたい気持ちになるものです。そこに大きな罠が潜んでいて気付いた時には後戻りが難しくなるという歴史を繰り返して来た事を知っていても、はまる時ははまってしまうものです。だから、私たちは国や地方のリーダーたちに腹を立てたり、バカにする気持ちをぐっと堪えて、彼らが正しい事を行えるようにと真剣に祈らなければなりません。

「…すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。」テモテ第一2:1,2

佐々木真輝