長い道のりでも

みなさん、おはようございます。
子供の頃、学校でならった「イタイタイ病」。教科書に載っていたモノクロの写真は少し怖かったです。その原因となったカドミウムに汚染された土壌の回復に取り組みはじめて30年、ようやく復元されたとのことです。30年というのは本当に長いです。それでも、真剣な取り組みと忍耐と息の長いサポートがあってここまで来られたということだそうです。尊敬に値する努力ですし、励まされること、教えられることがあります。

「あなたのうちのある者は、昔の廃墟を建て直し、あなたは古代の礎を築き直し、「破れを繕う者、市街を住めるように回復する者。」と呼ばれよう。」イザヤ58:12

今日は礼拝の後、午後から基本原則2の学びがあります。

佐々木真輝