歳を重ねること

みなさん、おはようございます。
昨日の月例会のテーマは高齢化とどう向き合うかということでした。歳をとってからの教会生活をどう支えるか、またどういう気持ちで過ごしているか、どんな助けが必要か。自身が高齢である方、まさに高齢の域に達しつつある方、介護の現場におられる方、要介護の家族と暮らしている方・・。それぞれの立場に違いはありますが、良い話しが出来たと思います。確かなことは、私たちの全てが歳を重ねることからは逃れられないことです。歳を重ねることが単に「老いていくこと」になるか、それとも「老いてなお新しくされ続けるか」は、制度や仕組みとはぜんぜん違う、自分自身のことがらです。

「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。」コリント第二4:16

佐々木真輝