大切なものは

みなさん、おはようございます。
連日の厳しい寒さで、教会の玄関に飾ってあった花の水がカッチカチに凍っていました(お花の方は何事もなかったかのように美しさを保っていました)。お花当番の方が、そのカチカチの氷の中の剣山が必要とのことでしたが、熱いお湯をかけて花器が割れてしまっても困るので、給湯器のぬるめのお湯で少しずつ解凍し、取り出すことができました。大切なものを急いで取り出そうとすると無理がかかってしまいます。大切なものであればあるほど、ゆっくり優しく扱わなければなりません。神様はそんなふうに私たちを大切にし、取り扱ってくださいます。

「主は羊飼いのように、その群れを飼い、御腕に子羊を引き寄せ、ふところに抱き、乳を飲ませる羊を優しく導く。」イザヤ40:11

教会でお会いしましょう。

佐々木真輝