つけ置き洗いは危険

みなさん、おはようございます。
食器を長時間つけ置きにしておくのは危険だという話しです。ある研究機関の調べによると10時間くらいつけ置きにした場合、菌の数が七万倍にもなり、洗剤をつけたスポンジで手洗いしても1000分の1にしか減らなかったそうです(ということは洗う前の70倍の菌!!)。弁当箱の隅のように洗いにくいところなどは10分の1にしかならない場合もあるそうです。こういう研究は実体とは違う場合もあるのですが、それでも流しにいつまでもつけておかないで、さっさと洗うべきだということのようです。
ゴメンナサイを言うこと、仲直りをすること、こういうことも「つけ置き」にしないで、さっさとやれば良いんですけどね。ついついため込んで、ということをなるべくしないようにしたいです。

「幸いなことよ。いつも主を恐れている人は。しかし心をかたくなにする人はわざわいに陥る。」箴言28:14

今日は中****さんと、英語教室でお手伝いくださっている佐***さんの誕生日です。祝福を祈りましょう。

佐々木真輝