聖書に学ぶ意味

みなさん、おはようございます。
何度か礼拝に参加してくださった方が訪ねて来られ、これまでの歩みの中で悩んだことや疑問に思った事、困っていることなどを率直に語って下さいました。いろいろとお話する中で、ぜひ聖書を学びたいということになり、来週から早速時間を取る事になりました。私たちの人生には誰でも何かかにか問題があり、悩むことがあります。そういう時に聖書に学ぶということは、単に聖書についての知識を増やすことではありません。聖書が本当の意味で人生の指針となり救い、慰めとなることに気付いてもらいたいです。

「…非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。」使徒17:11

今日はいつも通り婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝