限りある時間

みなさん、おはようございます。
**先生から、***先生の退院間近とのメールを頂きました。このまま経過すれば今週末には退院だそうです。十分静養してから現場に戻るようにと声を掛けて頂いているそうですが、お二人には「残された時間があまり長くないと思えていて、少しでも動けるときにできる奉仕をさせていただきたい」のだそうです。差し迫った感じは闘病という中で特に感じるのかもしれませんが、そうでなくても、私たちの時間には限りがあります。焦りは禁物ですが、大切なことを丁寧に選びながらやっていかなければと改めて肝に銘じます。

「さて、主の囚人である私はあなたがたに勧めます。召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。」エペソ4:1

今日は岩手同労者会があります。

佐々木真輝