雪が溶けると

みなさん、おはようございます。
気温が緩んで、いくぶん雪も溶けてきました。このまま春になる訳ではないでしょうが、ずいぶん気が楽になります。
雪が溶けると顔を出すものがあります。ばっけや土筆を思い浮かべたあなた、素晴らしい感性です。
私の目に映るのは雪の中に埋もれいていた空き缶やタバコの吸い殻、犬の○○など。
白い雪の下に隠れていただけで、ゴミはずっとそこにあったわけです。それらを取り除くことで本当にきれいになります。
神様のあたたかな愛に暖められると、心の中の雪が溶けて、閉じ込められていたものが出て来ることがあります。
思わず隠したくもなりますが、神様に取り除いていただきましょうね。
「主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。」民数記6:25
**町にお住まいの方で教会に来てみたいという願いを持っている方がおられます。どうぞお祈りください。
今日は主の晩餐があります。

人生は教訓に満ちている

みなさん、おはようございます。
暗くなるのが早い冬ですが、夕方になってもなかなかライトをつけない車が結構いて「危ないなあ」と、時々文句を言ってしまいます。
自分では見えているから大丈夫と思っているのかもしれませんが、周りからは見えにくくてかえって危険を招くんですね。
それは車の運転だけの話ではないよなあ、などと考えていました。
その後、夜8時頃に娘を駅からピックアップして帰るときのことです。ふと気づくと、なんと車のライトをつけ忘れているではありませんか!
駅の明るいロータリーにいたのでつけ忘れていたんですね。
つまり、この話の教訓は「人の振り見て我が振り直せ」ではなく”人のことをとやかく言う前に自分のことをちゃんとしろ”です。
「兄弟に向かって、『あなたの目のちりを取らせてください。』などとどうして言うのですか。見なさい、自分の目には梁があるではありませんか。」マタイ7:4
英語教室も6ケ月目に入ります。
今日は****兄の誕生日です!おめでとうございます。

神の恵みを見て喜ぼう

みなさん、おはようございます。
今朝は嬉しいお知らせから。
*****兄は高校の推薦入試に合格しました!良かったですね。お祈りありがとうございました。
次のお知らせは、ペルーの川崎淳先生たちのこと。
今日の午後、成田に到着します。半年の一時帰国の間に、ぜひ川崎先生たちのペルーでの様子をお聴きし、交わりの時を持てるようにと願っています。
その時を楽しみにしましょう。
「彼はそこに到着したとき、神の恵みを見て喜び、みなが心を堅く保って、常に主にとどまっているようにと励ました。」使徒11:23